トップページ > 書籍のご案内

会報・年報・書籍

書籍 当研究会は、『研究会報』を季刊で作成しています。また、農産物流通技術に関する『年報』を企画・編集・発行しています。さらに、単行本『Q&A講座なんでも分かる青果物流通』を発行しました。

最新の会報 「農流技研会報 No.323」(2020.7.1)

研究会報 【目次】
1.お知らせ
2.農産物流通最前線 (68)
 ・愛媛県しまなみ海道に見る農産物流通 (鈴木千穂子)
3.農産物流通 一押し情報 (長谷川美典)
 ・第21回農業におけるブラスチック利用の国際会議(Acta Horticulturae vol.1252)
 ・第4回ザクロとマイナーな地中海性果物に関する国際シンポジウム(Acta Horticulturae vol.1254)
 ・令和元年度食品試験研究成績・計画概要集(2019年10月、農研機構食品研究部門)
 ・第6回青果物のあらゆる収穫後問題に関する国際会議(Acta Horticulturae vol.1256)
 ・園芸学会令和2年度春季大会(令和2年3月21-22日、東京農工大(講演は中止))
 ・野菜やくだものの外観や販売方法に関する意識調査(農林水産省、令和元年10月31日公表)
4.新しい研究
 ・青果物の混載輸送が可能な二温度帯コンテナの開発 (田中良奈・田中史彦)
5.農産物流通 彼や是や (56)
 ・近赤外分光法の技術開発で失敗しないために (河野澄夫)
6.続・農流閑話 (9)
 ・終戦から75年、私にとっての戦争は (初谷誠一)
7.技術情報抄録

これまでに発刊した研究会報 >

最新の年報 「農産物流通技術2019」(2019.9.25)

年報2019 【目次】
序文 発刊にあたって (長谷川美典)
Ⅰ.総論 農産物・食品流通のあり方
 1.ポストハーベストエンジニアリング科学の構築に向けて
   -青果物に係わる現象の定量的理解とモデル化- (椎名武夫)
 2.農村インバウンド観光に必要なもの (大江靖雄)
Ⅱ.農産物の生産・流通の現状
 1.野菜 (家壽多正樹)
 2.果樹 (長谷川美典)
 3.穀類 (渡辺宏紀)
 4.花き (市村一雄)
 5.農産物の輸出入 (長谷川美典)
Ⅲ.特集「農業とICT技術」
 1.データ農業の実現に向けて (吉田智一)
 2.内閣府SIP次世代農林水産業創造技術の目指すスマート水田農業 (八谷 満)
 3.SIPで取り組むスマートフードチェーン (石川 豊)
Ⅳ.資料編 (長谷川美典・事務局)
 1.農産物流通関連研究機関の平成31年度/令和元年度試験研究計画一覧
 2.都道府県の農産物流通関連試験研究機関一覧
 3.参考資料
 4.農産物流通技術研究会2019年度活動概要

これまでに発刊した年報 >

書籍

単行本 『Q&A講座 なんでも分かる青果物流通』
(株)養賢堂 発行 本体価格 2,600 円
【目次】
1.まずは基礎から(基本から)
2.鮮度って何?
3.鮮度を保つ流通技術
4.価格ってどう決めるの?
5.健康を守る農産物(青果物)
6.旬って何時なの
7.青果物もお化粧が必要
8.主食だからお米をもっと知ろう
9.青果物を外敵から守ろう
10.他に知ってほしいこと