トップページ > 書籍のご案内

会報・年報・書籍

書籍 当研究会は、『研究会報』を季刊で作成しています。また、農産物流通技術に関する『年報』を企画・編集・発行しています。さらに、単行本『Q&A講座なんでも分かる青果物流通』を発行しました。

最新の会報 「農流技研会報 No.325」(2021.1.1)

研究会報 【目次】
1.お知らせ
2.大久保増太郎 農産物流通技術研究会元会長を偲んで (宮崎丈史)
3.流通最前線 (70)
 ・機能性表示食品制度と生鮮農産物(野菜・果実)(岩元睦夫)
4.農産物流通 一押し情報
 ・第30回国際園芸協会(IHC2018)
  収穫後のロス削減と品質保持技術及び戦略に関する国際シンポジウム(長谷川美典)
 ・食品小売業や外食産業における食品ロスの削減に向けた取組の例
  (農水省・食品ロス削減推進法の基本方針における「求められる役割と行動」より)(長谷川美典)
5.論文
 ・酸素透過度の高いプラスチック製袋詰めカットキャベツの褐変特性の品種別評価
  (髙田優紀・吉田実花・馬場正・山口正己・岡部繭子・柴田隆喜・市田大樹・三尋木健史)
6.新しい研究
 ・Controlled Atmosphere 貯蔵下ブロッコリーの鮮度保持におけるオルタナティブオキシダーゼの役割(牧野義雄)
7.農産物流通 彼や是や (58)
 ・共同乾燥調製施設の明日を考える(渡辺宏紀)
8.研究室訪問 (1)
 ・東京農業大学農学部農学科 ポストハーベスト学研究室(吉田実花)
9.続・農流閑話 (11)
 ・ポスト・コロナ対応の課題(初谷誠一)
10.技術情報抄録(長谷川美典)

これまでに発刊した研究会報 >

最新の年報 「農産物流通技術2020」(2020.9.25)

年報2020 【目次】
序文 発刊にあたって (長谷川美典)
Ⅰ.総論 農産物・食品流通のあり方
 1.カット青果物の Active MA
   -とくに高濃度酸素の利用について- (馬場 正)
 2.農産物マーケティング・リサーチの方向 (河野恵伸)
Ⅱ.農産物の生産・流通の現状
 1.野菜 (家壽多正樹)
 2.果樹 (長谷川美典)
 3.穀類 (渡辺宏紀)
 4.花き (湯本弘子)
 5.農産物の輸出入 (長谷川美典)
Ⅲ.特集「食料・農業・農村基本計画達成のための課題と解決策」
 1.食品流通の合理化と労働力不足への対応 (今田伸二)
 2.フードチェーンにおける食の安全・安心確保について (池戸重信)
 3.流通・貯蔵におけるロス削減、低コスト化技術
   -SIPⅡで取り組むスマートフードチェーンプラットフォーム- (石川 豊)
 4.食品産業分野におけるプラスチックごみ問題への対応 (北澤裕明)
Ⅳ.資料編 (長谷川美典・事務局)
 1.農産物流通関連研究機関の令和2年度試験研究計画一覧
 2.都道府県の農産物流通関連試験研究機関一覧(令和2年度)
 3.参考資料
 4.農産物流通技術研究会2020年度活動概要

これまでに発刊した年報 >

書籍

単行本 『Q&A講座 なんでも分かる青果物流通』
(株)養賢堂 発行 本体価格 2,600 円
【目次】
1.まずは基礎から(基本から)
2.鮮度って何?
3.鮮度を保つ流通技術
4.価格ってどう決めるの?
5.健康を守る農産物(青果物)
6.旬って何時なの
7.青果物もお化粧が必要
8.主食だからお米をもっと知ろう
9.青果物を外敵から守ろう
10.他に知ってほしいこと