トップページ > 研究例会・研修視察

最近のイベント一覧

イベント 当研究会では農産物流通技術に関する最新のトピックを取り上げ、年2回研究例会を開催しています。

第11回研究発表会

【開催日】2020年12月8日(火)
【会場】科学技術館 第三会議室
【発表形式】口頭発表(発表12分以内、質疑を含めて15分)

2020-01 [2020-01] 桃熟期トマト果実の低温障害軽減を目的としたヒートショック処理条件の検討
 ○原大樹・尾崎敦・吉田実花・馬場正(東京農大)
2020-02 [2020-02] 放散成分プロファイリングによるホウレンソウの鮮度マーカーの探索
 ○曽我綾香・吉田誠(神奈川農技セ)・黒木信一郎(神戸大)・蔦瑞樹・中村宣貴(農研機構)・今泉鉄平・タンマウォン マナスィカン・中野浩平(岐阜大)
2020-03 [2020-03] トマト‘湘南ポモロン・レッド’における追熟温度の違いがカロテノイド及びカロテノイド生合成遺伝子に与える影響
 ○澤田幸尚・曽我綾香・吉野飛鳥・草野一敬・吉田誠(神奈川農技セ)・永田雅靖(農研機構)
2020-04 [2020-04] 遮光栽培がスイートバジルの貯蔵性に及ぼす影響
 ○野口有里紗・佐藤宏亮(東京農大)
2020-05 [2020-05] 尖度を考慮した輸送振動計測におけるサンプリング条件の最適化
 ○白土貴彰・椎名武夫(千葉大)

これまでに開催した研究発表会 >

2021年度 総会記念シンポジウム

【開催日】2020年12月8日(火)
【会場】科学技術館 第三会議室
【テーマ】『With/Postコロナにおける農産物流通に係る諸課題と将来展望』

1.コロナ禍における青果物流通の変化と展望
     中央大学商学部 教授 木立 真直 氏
2.農産物の物流上の課題と展望
     千葉大学大学院園芸学研究科 教授 椎名 武夫 氏
3.農産物の健康機能性の表示に関する現状と展望
     野菜で健康研究所 代表取締役(オンライン参加) 中田 光彦 氏
4.総合討論

木立真直 氏 椎名武夫 氏 中田光彦 氏
木立真直 氏 椎名武夫 氏 中田光彦 氏

これまでに開催したシンポジウム >

第130回 研究例会

【開催日】2018年 5月22日 (火)
【会 場】科学技術館 第三会議室 (東京都千代田区北の丸公園2番1号)
【テーマ】 「鮮度」の新定義と高鮮度実現のための課題

 種々の調査結果で、「鮮度」は、消費者が青果物を購入する際に重要視する項目であることが示されている。 一方で、鮮度に関しては、関係学会等で長年にわたり議論されているものの、その定義は確定しておらず、主観的な尺度で判断されたり、成分含有量の初期値からの減少で表されたりしているのが現状である。 このように「鮮度」の定義は曖昧である。
 そこで、本研究例会では、先端の研究事例や野菜加工の現場での事例などを講演いただき、「鮮度」とは何かを学術的・実用的な観点から議論し、客観的な「鮮度指 標」や農産物流通の現場で求められる鮮度保持を再考する機会とした。 当日は参加者の皆様も含めて、農産物流通における「鮮度」について議論を深めた。

【演題・講演者】
1.鮮度とは / 中野浩平 氏(岐阜大学大学院 連合農学研究科)
2.遺伝子発現で鮮度を測る / 永田雅靖 氏(農研機構 食品研究部門)
3.鮮度管理へのOmics 技術の利用可能性 / 椎名武夫 氏(千葉大学大学院 園芸学研究科)
4.野菜加工事業から見た鮮度 / 藤本幸佳 氏((株)グリーンメッセージ)
総合討論

中野氏 永田氏 椎名氏 藤本氏
中野氏 永田氏 椎名氏 藤本氏

これまでに開催した研究例会 >

第52回 研修視察

【開催日】2020年8月12日(水)
【テーマ】「静岡県の農業研究の先端を見る」
-AOI-PARC、伊豆農業研究センターわさび科の視察-

 コロナウイルス感染症拡大防止で社会活動が停滞している。 しかし、農業を始め食品関連産業の活動は食糧供給という重要な使命を担い、ストップすることができない。 農業・食品産業を支える研究活動も待ったなしで行われている。
 今回は、静岡県に2017年に設立されたAOI-PARCと静岡県の特産物である「わさび」を研究する施設で、農業の先端研究を視察を行った。
(おことわり)視察およびディスカッションは、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、感染予防策をとるとともに、当研究会の運営委員および静岡県内の会員に限定しての参加募集とした。

世界・日本農業遺産「静岡水わさびの伝統栽培」 AOI機構内の栽培ユニット AOI機構温室内のトマト栽培と光合成計測システム
世界・日本農業遺産「静岡水わさびの伝統栽培」 AOI機構内の栽培ユニット AOI機構温室内のトマト栽培と光合成計測システム

これまでに開催した研修視察 >