トップページ > 書籍のご案内

会報・年報・書籍

書籍 当研究会は、『研究会報』を季刊で作成しています。また、農産物流通技術に関する『年報』を企画・編集・発行しています。さらに、単行本『Q&A講座なんでも分かる青果物流通』を発行しました。

最新の会報 「農流技研会報 No.322」(2020.4.1)

研究会報 【目次】
1.お知らせ
2.農産物流通最前線 (67)
 ・海洋プラスチック問題の理解と環境対応技術を考える (椎名武夫)
3.農産物流通 一押し情報 (長谷川美典)
 ・園芸生産物の品質に係る国際フォーラム(Acta Horticulturae vol.1245)
 ・令和元年度花き研究シンポジウム「国産シェア奪還に向けたキク類生産・流通の方策」
 ・農研機構食品研究成果展示会2019
 ・令和元年度全国食品技術研究会
4.論文
 ・MA包装カットキャベツの代謝特性の解析 (チプタニンティヤス ドゥルパディ・ベンヤカト ニサリファ・中村宣貴・椎名武夫)
5.新しい研究
 ・少人数世帯をターゲットに ブドウの商品戦略 (鈴木美穂子)
6.農産物流通 彼や是や (55)
 ・野菜の形態別成分分析と「顧客価値」 (小林茂典)
7.続・農流閑話 (8)
 ・日本語(文)が変わる (2)横書きが多くなっている (初谷誠一)
8.会員宅訪問 (21)
 ・株式会社MTI (Monohakobi Technology Institute)
9.技術情報抄録

これまでに発刊した研究会報 >

最新の年報 「農産物流通技術2019」(2019.9.25)

年報2019 【目次】
序文 発刊にあたって (長谷川美典)
Ⅰ.総論 農産物・食品流通のあり方
 1.ポストハーベストエンジニアリング科学の構築に向けて
   -青果物に係わる現象の定量的理解とモデル化- (椎名武夫)
 2.農村インバウンド観光に必要なもの (大江靖雄)
Ⅱ.農産物の生産・流通の現状
 1.野菜 (家壽多正樹)
 2.果樹 (長谷川美典)
 3.穀類 (渡辺宏紀)
 4.花き (市村一雄)
 5.農産物の輸出入 (長谷川美典)
Ⅲ.特集「農業とICT技術」
 1.データ農業の実現に向けて (吉田智一)
 2.内閣府SIP次世代農林水産業創造技術の目指すスマート水田農業 (八谷 満)
 3.SIPで取り組むスマートフードチェーン (石川 豊)
Ⅳ.資料編 (長谷川美典・事務局)
 1.農産物流通関連研究機関の平成31年度/令和元年度試験研究計画一覧
 2.都道府県の農産物流通関連試験研究機関一覧
 3.参考資料
 4.農産物流通技術研究会2019年度活動概要

これまでに発刊した年報 >

書籍

単行本 『Q&A講座 なんでも分かる青果物流通』
(株)養賢堂 発行 本体価格 2,600 円
【目次】
1.まずは基礎から(基本から)
2.鮮度って何?
3.鮮度を保つ流通技術
4.価格ってどう決めるの?
5.健康を守る農産物(青果物)
6.旬って何時なの
7.青果物もお化粧が必要
8.主食だからお米をもっと知ろう
9.青果物を外敵から守ろう
10.他に知ってほしいこと