トップページ > 書籍のご案内

会報・年報・書籍

書籍 当研究会は、『研究会報』を季刊で作成しています。また、農産物流通技術に関する『年報』を企画・編集・発行しています。さらに、単行本『Q&A講座なんでも分かる青果物流通』を発行しました。

最新の会報 「農流技研会報 No.317」(2019.1.1)

研究会報 【目次】
1.お知らせ
2.第50回研修視察記
 ・農産物流通のトレンドを探る-みずほの村市場、精工、ポテトかいつか (吉田 誠ら)
3.農産物流通 一押し情報 (長谷川美典)
 ・日本食品科学工学会第65回大会
 ・カキに関する第6回国際シンポジウム等
 ・カンキツ輸出の現状と促進に向けた生産・流通技術の展開方向
 ・国内外における農産物流通等の状況調査
4.新しい研究
 ・赤外線センサーを利用したサツマイモ‛なると金時’の非破壊糖度測定 (小川 仁)
5.農産物流通 彼や是や (50)
 ・ポストハーベストプロセスを考える (西川知希)
6.続・農流閑話 (3)
 ・正義(政治)は高くつく? (初谷誠一)
7.技術情報抄録

これまでに発刊した研究会報 >

最新の年報 「農産物流通技術2018」(2018.9.25)

年報2018 【目次】
序文 発刊にあたって (長谷川美典)
Ⅰ.総論 農産物・食品流通のあり方
 1.青果物貯蔵へのガスの利用 (樋元淳一)
 2.フードシステム研究の新たな方向 (斎藤 修)
Ⅱ.農産物の生産・流通の現状
 1.野菜 (家壽多正樹)
 2.果樹 (長谷川美典)
 3.穀類 (西川知希)
 4.花き (市村一雄)
 5.農産物の輸出入 (長谷川美典)
Ⅲ.特集「卸売市場法の改正と今後の青果物流通」
 1.改正卸売市場法の特徴と今後の基本的対応方向 (藤島廣二)
 2.卸売業者と仲卸業者の〝垣根問題〟はどうなるか? (濱田武士)
 3.5年後の見直しで卸売市場法はどうなるか (小暮宣文)
 4.豊洲市場の果たす役割と今後の展開 (淺沼 進)
 5.市場流通と市場外流通の相剋 (矢野 泉)
Ⅳ.資料編 (長谷川美典・事務局)
 1.農産物流通関連研究機関の平成30年度試験研究計画一覧
 2.都道府県の農産物流通関連試験研究機関一覧
 3.参考資料
 4.農産物流通技術研究会2018年度活動概要

これまでに発刊した年報 >

書籍

単行本 『Q&A講座 なんでも分かる青果物流通』
(株)養賢堂 発行 本体価格 2,600 円
【目次】
1.まずは基礎から(基本から)
2.鮮度って何?
3.鮮度を保つ流通技術
4.価格ってどう決めるの?
5.健康を守る農産物(青果物)
6.旬って何時なの
7.青果物もお化粧が必要
8.主食だからお米をもっと知ろう
9.青果物を外敵から守ろう
10.他に知ってほしいこと